税理士になるための資格とは

絶対合格!税理士になるには何が必要?

抑えておきたいポイントを公開!

税理士とはいわば税務のプロで、その資格は国家資格の一つです。お堅いイメージがありますが、以外とその数は多く毎年試験を受ける方は増加していると言われています。そんな税理士ですが、どのようにしてなるのでしょうか?
まず短大や大学、専門学校の卒業が条件です。経済学、法律学を1科目以上取得している必要があり、これは海外の学校でも認められています。また簿記検定を取得している必要があり、且つ実務経験が2年以上なければいけません。
試験には必須科目、選択科目を合わせると合計11科目あり、合計5科目の合格が資格取得の条件です。必須科目は簿記論と財務諸表論で、あとは酒税法・消費税法・事業税・住民税・相続税法・固定資産税法・国税徴収法があります。これらの条件が満たされれば初めて税理士試験を受ける事が出来るのですが、この資格はとても難易度が高く、受ける科目によっても難易度は異なりますが10~15%程度です。
この試験に合格すれば晴れて税理士となりますので独立する、あるいは経験値を積むべく事務所に雇ってもらうといったコースがあります。初めの内は事務所に入り、経験と顧客を獲得するために数年間は修行のつもりで業務に努めるのもよいですね。
独立する場合は事務所を構えるエリアや規模によって異なりますが、200~300万円程度は発生すると考えておくべきです。但しECサイトやクラウドソーシングを活用すると、オフィスを構える必要がなくなりますのでコスト削減が出来ます。

税理士になるための流れを知る

税理士になる為に必要なポイントをいくつか公開しています。 資格取得にするにあたって知っておくべきポイントだけではなく、より早く税理士を目指したい方に必見情報を公開していますので、今回は絶対に合格したい!という方は参考にして見て下さい。 ちなみに税理士試験の合格率は10~15%とかなり難関です。

税理士になるメリットは何?

税務に関する仕事を担っている税理士ですが、実際に資格取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか?考えられるデメリットと一緒に公開しています。 ちなみに資格取得後に開業をする場合の注意点についても説明していますので、ぜひ参考にして見て下さい。

公認会計士と税理士の違いは?

税理士と公認会計士はよく比較されていますが、何が違うのでしょうか? 資格について、または取得後の流れについても公開していますので、どちらの資格を取得しようか検討している方に役立つ情報といえます。個人だけではなく法人にも知ってほしい情報となります。